日本語ページ
English Page

業績

総説・著書(2009年以降)

【 総説 】

  1. Yasuda MT, Sakakibara H, Shimoi K: Estrogen- and stress-induced DNA damage in breast cancer
    and chemoprevention with dietary flavonoid. Genes Environ. 2017 Feb 1;39:10. doi: 10.1186/s41021-016-0071-7. eCollection 2017.
  2. Sakakibara H, Yasuda MT, Shimoi K.: Effects of environmental and social stressors on biological rhythms. J. Phys. Fitness Sports Med. 2016, 5(2), 143-152
  3. Takemura H, Sakakibara H, Yamazaki S, and Shimoi K: Breast cancer and flavonoids - a role in prevention, Curr Pharm Des. 19(34), 6125-6132, 2013
  4. 増田修一、島村裕子、下位香代子、木苗直秀: 茶の放射性物質汚染と放射線に対する防護効果、FFIジャーナル, 218(3), 224-233, 2013年
  5. 榊原啓之、青島良輝、山崎隼輔、下位香代子: 栄養素の消化・吸収機構に関与している体内時計、New Food Industry、55(12)、1-8、2013
  6. 榊原啓之、下位香代子、寺尾純二: フラボノイドの薬理作用(分担執筆)、植物色素フラボノイド、武田幸作、齋藤規夫、岩科 司編、文一総合出版、東京、pp590-600、2013年
  7. 下位香代子:生活環境の安全、安心、快適性、環境保全、静岡県環境保全協会 会報、第95号、14-17、2012年
  8. Shimoi K. and Shibuya T. : Introduction to the special issue on epigenetics, Genes Env., 33(2), 33. 2011
  9. 榊原啓之、小柳顯陽、青島良輝、鈴木敬明、木村昌由美、下位香代子:外部刺激に対する生体応答を評価するために-夜行性のマウスを用いた時間生物学的アプローチ-、谷本学校毒性質問箱第13号、㈱サイエンティスト社、東京、116-123、2011年


【 プロシーディング 】

  1. Yasuda M, Shimoi K: Effects of luteolin on vascular endothelium exposed to inflammatory stimuli. Proceedings ASIAHORCS 2013, LIPI Press, 199-203, 2014


【 著書 】

  1. 榊原啓之、下位香代子、寺尾純二:抗ストレス食品の動物による機能評価、抗ストレス食品の開発と展望II、横越英彦監修、シーエムシー出版、東京、29-40、2012年
  2. Sakakibara H., Ohura T., Morita M., Hirabayashi S., Kuruto-Niwa R., Amagai T., and Shimoi K. Aryl hydrocarbon receptor-mediated gene expression by chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons and cross-talk with estrogen receptors, Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry-Environmental Research in Asia, 2009, 197-202
  3. 下位香代子 (共同執筆)ストレス科学事典、監修者/日本ストレス学会、財団法人パブリックヘルスリサーチセンター、発行者/池澤徹也、発行所/㈱実務教育出版、2011年
  4. 下位香代子、榊原啓之 :各種変異原性からみた食品関連の有機化学物質(第8章 有害化学物質による汚染-8.1 ) 食品に関して知っておくべき衛生安全知識のすべて『食品安全ハンドブック』、食品安全ハンドブック編集委員会編、2010年
  5. Ohura T. and Sakakibara H. Chlorinate polycyclic aromatic hydrocarbons: A new class of environmental toxin In: Polycyclic Aromatic Hydrocarbons: Pollution, Health Effects and Chemistry (Polymer Science and Technology), Chapter 5, pp.107-112, 2009. Eds: Haines P.A. and Hendrickson M.D. Nova Science Publishers


【 その他 】

  1. 保田倫子: 発がん抑制因子PDCD4の炎症における役割は?、生物工学会誌 – 第93巻9号、vol.77、「バイオミディア」p. 553、2015年
  2. 久留戸涼子、山本彩季、秋元慧、大浦健、下位香代子:ヒト乳がん細胞を用いた環境水の汚染評価、常葉大学教育学部紀要、34, 293-308, 2014
  3. 下位香代子:緑茶でセシウム排せつ、中日新聞2014年1月25日
  4. 下位香代子: 食べ物は大丈夫か?!~食べ物をめぐる諸問題に向き合う~、田貫湖ふれあい自然塾通信 にほめ、vol.77、p. 5、2014年.
  5. 下位香代子: マイボトルdeおいしいお茶を、茶、66(10)、30-31、2013.